FC2ブログ

ビング・オー・グレンダール 菖蒲に蜻蛉文様のペントレイ

 今回はビング・オー・グレンダール社の菖蒲に蜻蛉文様のペントレイを紹介します。先日の東プリでゲットしたアイテムです。前掲の令和の初荷に比べると大きく見劣りするかもしれませんが、結構気に入っています。日本画の影響を受けた文様でしょうか?シンプルですが味わいのある作品です。
bg 4517/469 2

Product Number:469
Color Number:4517
Artist:N.A.
Painter Sign:CT or TC
Product Year:1902-1914年
Size:2.2×25.6×14.6cm

bg 4517/469 1

bg 4517/469 3

スポンサーサイト

そういえば・・・

 令和初の美術骨董ショー(いわゆる東プリ)のお話をするのを忘れていました。

 今年は令和の初荷でお金を使ってしまい、行こうか迷いましたが、一応行ってきました。初日とあってか、相当な盛況ぶりで、喫茶コーナーも満員。出会いがないことを祈っていましたが、買ってしまいました\(//∇//)\
 
 えっ?こんな値段¥¥で?、というプライシングでした(海外のお店だったからかなぁ)。もちろん、アイテム(B&G)そのものに惹かれたので、買った訳ですが、かなりのお買い得品でした。用意が出来たらアップしますね。

ロイヤルコペンハーゲン 骸骨に乗る禿鷹の壺 UNIKA

 令和の初荷を紹介します。
  ロイヤルコペンハーゲン社の骸骨に乗る禿鷹の壺(UNIKA)です。
RC UNIKA 7205-2

 この作品は、ただのUNIKAではありません。二人の作家による共作であることに加え、何と!1900年のパリ万博の出品作です。
 
 
今回、セラーさんにかなり無理を言って、ロイヤルコペンハーゲン社が作成したパリ万博のパンフレット(当時)のコピーを一式送ってもらいました。折角なので、一部を紹介します。

 2年位前からデンマークのアンティークショップに鎮座していましたが、今回、私のところに納まりました。

 禿鷹が、獲物を食した後に、骸骨の上に誇らしげに乗っている構図が、何ともユニークですね。シンプルな色使いであるがゆえ、ロイヤルブルーが映える逸品、いや、ミュージアムピースです。

 届いて分かったのですが、兎に角、重い。また、高さ、幅ともにあるため、場所を取ります。専用のショーケースを用意して、ディスプレィしようか、と思案しています。令和の初荷に相応しい作品として、紹介させていただきます。

Product Number:7205
Artist:Carl Mortensen
Painter:Carl Mortensen, L Boll
Product Year:1899年7月
Size:71.0×32.5×35.5cm

RC UNIKA 7205-3

RC UNIKA 7205-5

RC UNIKA 7205-6


RC UNIKA 7205-11

RC UNIKA 7205-7




RC UNIKA 7205-10


RC UNIKA 7205-9


RC UNIKA 7205-8


RC UNIKA 7205-12


RC UNIKA 7205-13


RC UNIKA 7205-15
右のページを見ると、MORTENSENの名が記されています。ロイヤルコペンハーゲン社のブースに入った正面Aに飾ってあったようです。


RC UNIKA 7205-14








令和の初荷(2)

令和の初荷が出荷され、まもなく到着します。無事に届きますように(#^.^#)

令和の初荷

まもなく改元ですね。と、いうことで、令和の初荷を用意することとしました。さて、何が届くかな(((o(*゚▽゚*)o)))

ロイヤルコペンハーゲン 紋白蝶のトレィ

  皿物を1つ紹介することを忘れていました。今回はロイヤルコペンハーゲン社の紋白蝶のトレィを紹介します。お皿の縁に蝶を造型し、皿の底には桜の花びらが描かれたユニークなアイテムです。

  以前、蝶の羽にチップやクラックがある同様の作品がオークションに出ていました。それほど大きなダメージではなかったので手に入れようか迷っているうちに、ドイツのコレクターさん?が手に入れたようです。

  以来、なかなかお目にかかれませんでしたが、今回、運よく手に入れることができました。コレクター本には作家は記載してありませんでしたが、アイテムに刻印してあり、判明しました。

 アールヌーヴォーらしい逸品です。量産品ではありますが、完品はなかなか出てこないでしょう。

 平成も残り2週間余りとなりました。前に、平成の逸品を紹介しましたが、次は「令和の初荷」に相応しいアイテムを紹介しないといけないですね(#^.^#)

rc 632/343 1

Product Number:343
Color Number:632
Artist:Christian Thomsen
Painter Sign:158
Product Year::1911-1923
Size:3.9×10.1×14.0cm


rc 632/343 2

rc 632/343 3

rc 632/343 4

rc 632/343 5





平成のイチ押し ロイヤルコペンハーゲン 孔雀文様の大花瓶 UNIKA

 平成のイチ押しを紹介します。ロイヤルコペンハーゲン社の孔雀文様の大花瓶です。
 
 孔雀の姿が繊細に描かれています。この作品の見どころは、何といっても孔雀の尾羽の美しさだと思います。BGの孔雀のチャージャーも所有していますが、その孔雀は羽を広げています。広げた羽も見応えがありますが、今回のような尾羽が垂れた構図も非常に魅力的です。やや大げさですが伊藤若冲を思わせる図柄だとは思いませんか?

 平成時代の蒐集を代表する逸品として、イチ押しにすることとしました。

rc unika 9302-1

Product Number:9302
Artist:Bertha Nathanielsen
Product Year:1905年8月
Size:20×53.5cm

rc unika 9302-2

rc unika 9302-3

rc unika 9302-4

rc unika 9302-5

rc unika 9302-6

ロイヤルコペンハーゲン 蝶の灰皿(2)

 色違いのアイテム届きました。ロイヤルコペンハーゲン社の蝶の灰皿です。前から所有していたアイテムよりも焼成年は古く、色付けも繊細です。こうしたアイテムは型に嵌めて成型するため、時代が下ると型も摩耗し、結果的にレリーフも甘くなります。やはり、古いアイテムの方が彩色も造形も美しいですね。両方並べた画像もアップしますので比べてみてください。
rc 18/16 1

Prpduct Number:16
Color Nuber:18(または19)
Painter Sign:117(FRL ORSTED)
Product Year:1904
Size::2.4×13.3×13.8cm

rc 18/16 2

rc 18/16 3

rc 18/16 4

rc 18/16 6

rc 18/16 5

左が今回ゲットしたアイテム、右が以前にゲットしたアイテム




平成のイチ押し 到着!

平成のイチ押しが到着しました。画像で見ていたよりもずっしりしており、大変すばらしい作品です(((o(*゚▽゚*)o)))
これからアップに向けて準備を始めますが、さて、いつアップしようかな?

色違いゲット

 先日ネットサーフィンをしていたら、あるアイテムの色違いを発見。最初は光の加減かな?と思いましたが、カラー番号を見ると、私が所有しているものと違うことを確認。迷わず買ってしまいました。最近はよく色違いに遭遇します。
 さて、「平成のイチ押し」ですが、そろそろ手元に届きそうです。さて、いつアップしようかな(((o(*゚▽゚*)o)))
main_line
main_line
プロフィール

フィギュリン爺さん

Author:フィギュリン爺さん
ロイヤルコペンハーゲンやビングオーグレンダールなど、北欧の名窯を収集して30年余り。アールヌーボー期の作品や珍しいフィギュリンを中心に、紹介しています。また、近年では、アンティーク・ファニチャーのほか、セーヴルなど窯を限定することなく、ジャポニズムやヌーヴォー期の逸品も集めています。

カテゴリ
最新記事
訪問者
最新コメント
検索フォーム
月別アーカイブ